もしかしたらあなたも歯周病かもしれない

メールでのご予約はコチラ
  1. HOME
  2. もしかしたらあなたも歯周病かもしれない
歯周病を根本原因から直す新しい歯科治療を導入!当院の歯周病治療の特徴

もしかしたらあなたも歯周病かもしれない

これらのチェック項目に1つでも当てはまるものがある場合、もしかしたら歯周病である可能性があります。
チェック項目は全て歯周病の症状です。
どれかにあてはまっていればあなたのお口は、実は歯周病にかかっているかもしれません。

お口は、人にとって何にもまさる大切な器官です。普段何気なく意識をすることは無くとも、命の源である食べ物を美味しく食べる、気持ち伝える…
このように体全体の健康と健全なくらしに根本から関わっています。

当院ではお口や歯のトラブルの治療はもちろん、日々の正しい予防やケアのご相談を通じて、患者様のお役にたちたいと思っております。
この想いを患者様に伝えるために、日々クリハシ歯科医院は最新の治療の提供を目指しております。そのために患者様皆様に真摯に向き合い、全力でサポートさせていただきます。


患者様に合わせた最善の歯周病治療を

まず歯周病によるお口の症状は大まかに3つの段階に分けられます。その3つの段階とは下記の通りです。

軽度歯周炎

歯茎がさらに赤みを増し、歯周組織にも炎症が及んでいる状態です。ブラッシングをしたときに出血します。


中等度歯周炎歯

炎症がさらに進み、歯を支える顎の骨にまでダメージが及んでいる状態です。歯茎の赤みが増し、出血量が増加するほか、歯のグラつきや口臭などの症状が見られます。


重度歯周炎

歯周組織の炎症がさらに進み、歯茎がぶよぶよと腫れた末期の状態です。血だけでなく膿も出るようになり、強い口臭を伴います。また、歯を支える顎の骨が溶かされているため、歯がグラついてきます。


歯周病治療ではこの各段階に応じた治療を行なっていくことになります。基本的に歯周病治療は保険適応で行なうのですが、保険の適応というものにはルールがあり、決まった内容のことを決まった過程で行なわなくてはならず、下記のような悩みが出てきてしまうのです。

治療期間がどうしても長くなってしまう

もちろん程度によっても変わりますが、重度の歯周病になれば10回以上の通院が必要になります。歯周病をしっかり治したいと思うけど、どうしても忙しくて通院になかなか時間が避けないという理由で諦めてしまう方も少なくありません。

保険で認められていなければ患者様にとって良いことでも適応されない

従来の保険制度では歯周病治療の中で行なえる治療法が決まっており、日進月歩で発展する歯科の最新治療法の中でベーシックな部分の治療法しか行なえないのです。

このような悩みなく当院が患者様にとって最善だと考える治療を最短の通院回数で提供するため、当院では「歯周病菌を殺菌する根本からの治療法」であるパーフェクトペリオシステム(パーフェクトペリオシステムのページへリンク)という治療法を用いての治療を導入しました。この治療法のおかげで軽度の歯周病の方で1回の通院で、重度の歯周病の場合だったとしても外科手術をなるべく避け、3回でという最短の通院回数での治療が可能になります。
下記が通常行なう保険治療と当院で行なうパーフェクトペリオ治療との比較になります。

ここに書いてあるパーフェクトペリオシステムの内容は実際に行なう内容の一部ですので、詳しい内容はコチラをご参考ください。

残念ながら抜歯になってしまう場合

歯周病の治療とは、もちろんできるだけ歯を残すための治療です。歯周病になった歯、歯肉をもとの健康な状態に戻したり、少なくともそれ以上の進行を食い止めたりするというのが治療の本質です。当院ではそういった観点から、まず、最初にどうすれば出来るだけ多くの歯を残せるかを考えて治療を行なっていきます。しかし、いかなる方法をとっても残す見込みがないもの、隣接する歯に悪影響を与える歯や折れてしまっている歯に関してだけは、抜歯をお勧めする場合があります。

そして残念ながら抜歯になってしまう場合、失った歯を補う方法としてブリッジや入れ歯による治療法があります。

ブリッジによる治療

ブリッジとは、歯が抜けてしまった場合に、両隣りの歯を削って土台を作り、橋渡しをするように人工の歯を入れて欠損部分を回復するものです。その様が橋を架けるのに似ているので「ブリッジ」と呼ばれています。通常保険治療では銀歯やプラスチックの歯で治療を行なうのですが、当院では審美的にも強度的にも最善の治療法であるセラミック治療を、通常の2/3~半額程度の価格で行なっています。詳しくはコチラをご覧ください。


入れ歯による治療

歯が抜けてしまった場合でブリッジの適応とならない場合は部分入れ歯による治療が考えられます。通常保険治療では金属の「クラスプ」と呼ばれるバネがありますが、当院では審美的にも入れ歯を入れていると気づかれにくく、付け心地も良い最新の入れ歯を通常の2/3~半額程度の価格ご提供しています。詳しくはコチラをご覧ください。


特殊な歯周病の原因

基本的には歯垢や歯石の付着が歯周病の原因となるのですが、下記のような原因で歯周病になってしまう特殊なケースがあります。このような場合歯石除去を行なう前に症状に応じたアプローチを行なっていきます。

①口が開いたままの状態になってしまうので、唾液の量が少なく歯石がつきやすい

若い患者様に多く見られるケースですが、このような場合患者様と鏡を見合わせながら、「今のお口が開いたままになっている状態がなぜ悪いのか」「どのように今後改善していかなくてはいけないのか」などを丁寧に説明して患者様の“意識”から変えていくことが一番の改善方法になります。

②歯が抜けたままになっており、残っている歯の骨に負担がかかっている

歯が抜けたままになっていると、残っている歯を支える骨に今まで以上の負担がかかってきます。このようなケースでは練習用の入れ歯をその場でお作りして家庭で噛む練習をしてもらうこともあります。

③重度の歯周病で歯がぐらぐらになってしまっている

非常に重度の歯周病の患者様の場合だと骨が浸食されてしまい、歯がぐらぐらになってしまっている場合があります。このようなケースでは一時的に残っている歯を一時的に固定する方法があります。歯と歯を歯科用のプラスチックで接着し安定させるのです。歯周病菌によって侵食されたり、噛み合わせの異常によって柔らかくなってしまった骨を、残っている歯を固定することで次第に硬くすることができるのです。

残念ながら抜歯になってしまう場合

歯周病の治療とは、もちろんできるだけ歯を残すための治療です。歯周病になった歯、歯肉をもとの健康な状態に戻したり、少なくともそれ以上の進行を食い止めたりするというのが治療の本質です。当院ではそういった観点から、まず、最初にどうすれば出来るだけ多くの歯を残せるかを考えて治療を行なっていきます。しかし、いかなる方法をとっても残す見込みがないもの、隣接する歯に悪影響を与える歯や折れてしまっている歯に関してだけは、抜歯をお勧めする場合があります。
そして残念ながら抜歯になってしまう場合、失った歯を補う方法としてブリッジや入れ歯による治療法があります。

ブリッジによる治療

ブリッジとは、歯が抜けてしまった場合に、両隣りの歯を削って土台を作り、橋渡しをするように人工の歯を入れて欠損部分を回復するものです。その様が橋を架けるのに似ているので「ブリッジ」と呼ばれています。通常保険治療では銀歯やプラスチックの歯で治療を行なうのですが、当院では審美的にも強度的にも最善の治療法であるセラミック治療を、通常の2/3~半額程度の価格で行なっています。詳しくはコチラをご覧ください。


入れ歯による治療

歯が抜けてしまった場合でブリッジの適応とならない場合は部分入れ歯による治療が考えられます。通常保険治療では金属の「クラスプ」と呼ばれるバネがありますが、当院では審美的にも入れ歯を入れていると気づかれにくく、付け心地も良い最新の入れ歯を通常の2/3~半額程度の価格ご提供しています。詳しくはコチラをご覧ください。


歯周病治療は施術者の技術が最も問われる!

このように歯周病の治療はただ歯垢や歯石を除去すれば良いというだけではありません。現在のお口の中の状態を正確に見極めてケースに応じた治療を行うことでこそ、患者様が本当に満足のいく治療ができると考えています。

このページでもご紹介している通り、段階・症状に応じて様々な治療方法がございます。実際に診療してみなければ厳密な治療方法はご提案できません。またこのような歯周病の多岐にわたる症状と治療法により、歯周病の治療は最も施術者の力が問われます。

もし気になる症状があれば、お早めにご診療いただくことをお勧めします。早ければ早いほど歯周病の進行を防ぐことができます。すこしでも「もしかしたら歯周病?」とお感じであれば、ぜひ歯周病治療に力を入れて取り組む当院に一度ご相談ください。

メールでのご予約はこちら
PAGE TOP