低価格の被せ物:保険の入れ歯と自費の入れ歯の違い

メールでのご予約はコチラ
  1. HOME
  2. 低価格の被せ物
  3. 保険の入れ歯と自費の入れ歯の違い
歯周病を根本原因から直す新しい歯科治療を導入!当院の歯周病治療の特徴

保険の入れ歯と自費の入れ歯の違い

【時間・技術・素材】が治療の明暗を分ける!

保険の入れ歯と自費の入れ歯の違い、それは【時間・技術・素材】です。
どういうことでしょうか。

時間

時間の違いとは、診療にかけられる時間を指します。患者様が医院で入れ歯を入れることにかける時間は短いかもしれません。しかし実は入れ歯をつくるにはとても時間がかかるのです。
保険治療の場合、時間をかけて丁寧に治療できないため、患者さまそれぞれ異なったお口に合うような、痛みなく噛めて、吸着性のよい総入れ歯・義歯を作るのは、非常に難しいのです。


技術

最新の技術がすばらしい入れ歯を可能にしています。歯科医学は急速に発展しています。
それによって、歯や歯ぐきの形、顎や筋肉の動き、外見上のバランスを正確に反映できるようになりました。当院でもそれを実践しており、できるだけ保険診療でも活用しております。ですが、保険診療ではより時間がかかるため最大限発揮するのが難しく、製作期間内に作り出すことが困難なのが現状です。

素材

保険の治療では素材が分厚いプラスチックに限定されており、それ以外は使えないのです。分厚いプラスチックを使用することでお口に不快感や痛みを与えることが多くなります。このように保険の治療では患者様それぞれに合ったものをお選びできないのです。


なんでこんなに違いがでるの?

保険の入れ歯と自費の入れ歯には上記のような違いがあることをご理解いただけたと思います。

歯科医院といえども大前提である経営が成り立たなければいけません。時間と収益がミスマッチになってしまうので、保険診療について、どうしても効率よくしなければいけなくなってしまうため、手間ひまをかけたくてもかけられないのが現状なのです。


しっかりと治療方法をご理解いただくことが重要!

保険の入れ歯と自費の入れ歯について、なぜこのような差が出るのかご理解いただけたと思います。しかしながら、入れ歯は今後も長い期間お付き合いしていくものです。さらに自分のお口の中、つまり体の一部として使用するのです。それが歯科医院からなんの説明も無く、患者様のお体に支障をきたしていては、せっかく入れ歯を入れようと決意された患者様に失礼であると思います。

だからこそ当院ではあらかじめそれについて患者様に丁寧にご説明し、理解していただいた上で治療方法を選んでいただいているのです。
ただ「保険が安いから」ではなく、しっかりと入れ歯についてご理解いただいたうえで治療に望むことが、入れ歯治療において最も重要なことなのです。


メールでのご予約はこちら
PAGE TOP