初めての方へ

メールでのご予約はコチラ
  1. HOME
  2. 初めての方へ
歯周病を根本原因から直す新しい歯科治療を導入!当院の歯周病治療の特徴

初めての方へ

お口のこと全体を考えた治療を心がけて

当院では20年以上前の開業当初から、この大東市という地域に根付いて歯周病の治療に力を注いでいます。最近ではテレビのCM でも歯周病という言葉をよく耳にすることもありますが、昔は患者様も歯周病に対する認知があまりない状態で、開業当初から一人一人の患者様に丁寧に「歯周 病とはどういう病気なのか」「歯周病の恐ろしさ」などをお伝えしてきました。

時には厳しい歯医者さんだなと思われたこともあるかも知れませんが、ただ痛い部分を直すことが歯科医師の仕事ではなく、患者様の気づかないお口の全 体の異常を的確に指摘し治療していくこと、そして再度異常が起きないように予防していくことこそが歯科医師の仕事であると考えています。


奥が深い歯周病~当院の歯周病治療へのこだわり~

歯周病は歯周病菌が感染して起こる病気です。ですのでご自宅でも、歯科医院でもこの歯周病の原因となる歯周病菌が繁殖しづらい環境を作る(歯垢や歯石を除 去する)ことに対して主に取り組んでいくわけです。多くの患者様はこの歯周病菌が繁殖しづらい環境作りで歯周病の症状を改善させることができるのですが、 下のようなケースだとそれだけでは歯周病が改善しにくいとされています。


  • 口が開いたままの状態になってしまうので、唾液の量が少なく歯石がつきやすい
  • 歯が抜けたままになっており、残っている歯の骨に負担がかかっている
  • 重度の歯周病で歯がぐらぐらになってしまっている

このようなケースではお口の中に根本的な異常を抱えていることになりますので、まずはその異常を改善させるところから取り組んでいきます。

口が開いたままの状態になってしまうので唾液の量が少なく歯石がつきやすい

若い患者様に多く見られるケースですが、このような場合患者様と鏡を見合わせながら、「今のお口が開いたままになっている状態がなぜ悪いのか」「どのよう に今後改善していかなくてはいけないのか」などを丁寧に説明して患者様の“意識”から変えていくことが一番の改善方法になります。


歯が抜けたままになっており、残っている歯の骨に負担がかかっている

歯が抜けたままになっていると、残っている歯を支える骨に今まで以上の負担がかかってきます。このようなケースでは練習用の入れ歯をその場でお作りして家庭で噛む練習をしてもらうこともあります。


重度の歯周病で歯がぐらぐらになってしまっている

非常に重度の歯周病の患者様の場合だと骨が浸食されてしまい、歯がぐらぐらになってしまっている場合があります。このようなケースでは一時的に残っ ている歯を一時的に固定する方法があります。歯と歯を歯科用のプラスチックで接着し安定させるのです。歯周病菌によって侵食されたり、噛み合わせの異常に よって柔らかくなってしまった骨を、残っている歯を固定することで次第に硬くすることができるのです。


このように歯周病の治療はただ歯垢や歯石を除去すれば良いというだけではありません。現在のお口の中の状態を正確に見極めてケースに応じた治療を行うことでこそ、患者様が本当に満足のいく治療ができると考えています。

当院推奨の歯周病治療のご紹介

パーフェクトペリオシステム

先ほどもお伝えしたように、歯周病治療には様々な方法がありますが多くの場合、歯科医院でもこの歯周病の原因となる歯周病菌が繁殖しづらい環境を作る(歯垢や歯石を除去する)ことが主な歯科医院での治療法となります。

ただ、それだけでは『繁殖しづらい環境を作る』ことに留まってしまうので、歯周病の根本である歯周病菌に対して直接アプローチすることができません。

そこで当院ではパーフェクトペリオシステムという新しい考えの治療法を導入し、直接歯周病菌を殺菌していくという手段で歯周病治療を行っております。

ご興味のある方はコチラをご覧ください。


メールでのご予約はこちら
PAGE TOP