クリハシ歯科医院

タップで電話する

ノンクラスプデンチャー

「入れ歯が見られるのが嫌だ・・・」「自然な入れ歯を考えているけどインプラントは負担が・・・」。入れ歯を考えている皆様は、友人やお会いした方々に入れ歯だと気づかれたくないと思います。

そのような患者様にはこちらの「ノンクラスプデンチャー」をご紹介します。現在、入れ歯治療として主に知られているものは3種類あります。それはインプラント治療、ブリッジ、入れ歯、この3つです。うち、ノンクラスプデンチャーは入れ歯にあたります。

インプラントの
メリットとデメリット

インプラントは外科手術でチタンという金属をお口に埋め、それを覆うように義歯を被せる治療法です。確かに見た目も美しくまるで自分の歯のような感覚を手にすることができます。実際に歯を口の中に埋め込んでしまうので、形式上は自然歯と同じような形になります。

しかしその一方で、外科手術を必要とするため高額になりやすく、さらには体に負担になることや、治療期間の長さといった問題があり、避けてしまう方が多いのも事実です。また近年多くの歯科医師がインプラント治療に乗り出し、そこで信頼できる医師を選択することが難しくなってきているのも事実です。

ブリッジのメリットとデメリット

ブリッジは歯が抜けてしまったところの両隣にある歯を削って土台を作り、欠損してしまった歯の部分を橋渡しするように人工の歯を入れて補う治療法です。この方法が、橋を架けることに似ており『ブリッジ』と言われています。

ブリッジのメリットは見た目が自然になりインプラントなどよりも費用が安く済むことです。反対にデメリットとしては土台となる両隣の健康な歯を大きく削らなくてはならないということが第一に挙げられます。

また前述のように健康な歯を橋渡しにして支えるため、土台の歯となる両隣の歯には負荷がかかり、弱くなってしまいます。そうなるとまた他の歯を削って土台を作らなくてはいけなくなり悪循環になる可能性があります。

入れ歯を入れているように
見えない入れ歯
「ノンクラスプデンチャー」

ノンクラスプデンチャーは金具を使用しない入れ歯です。 ノンクラスプデンチャーは保険診療の入れ歯と異なり、金具を使用しないためパッと見ただけでは入れ歯を装着しているかどうかわからないほど天然歯に上手く溶け込みます。

現在欠けた歯の治療には大きく分けて3つの選択肢があります。その3つとはインプラント、ブリッジ、入れ歯です。ノンクラスプデンチャーは入れ歯にあたります。さらに入れ歯の中でも、大きく口を開けても入れ歯だと分からないほど自然で美しいお口になる入れ歯なのです。さらに素材が軽くて柔らかいため装着感も普通の入れ歯と比較して違和感が少ないため、非常にお口にフィットした入れ歯であるということが言えます。


料金 79,800円
※床(舌に接触する部分)を金属に変更する場合は別途料金が発生する場合がございます。

保険診療の入れ歯との違い

保険診療の入れ歯ですと、バネという金具を使用しており、入れ歯を支えるために自然歯にこのバネを引っ掛けるため、調整しても痛みが出やすいです。さらに入れ歯自体が分厚くなってしまう傾向があるので、お食事の際などにも痛みや違和感がよくあります。また保険診療の入れ歯だと割れてしまったりすることがあります。

しかしノンクラスプデンチャーは対照的に、軽くて柔らかいため装着感も普通の入れ歯と比較して違和感が少ないのです。

ノンクラスプデンチャーの
メリットとデメリット

メリット
綺麗な仕上がり

大きくお口を開けても入れ歯だと分からないほどの自然で美しいお口に仕上がります。

割れにくい

ノンクラスプデンチャーは落としても割れないくらい丈夫にできているため滅多に割れることはありません。

デメリット
治療費が高い

診療内容は一般的に保険診療と自費診療に分かれるのですが、ノンクラスプデンチャーは自費診療になるため保険が効かず、保険診療の入れ歯より高額になってしまいます。

入れ歯の見た目でお悩みの方へ

このようにノンクラスプデンチャーは、見た目がとにかく自然な入れ歯です。今まで入れ歯を見られて嫌だった方や、それが原因で笑いにくくなってしまった方など、入れ歯の見た目で気にされていた方には心からオススメしたい入れ歯です。なぜなら私が今まで入れ歯治療を行ってきた中で、患者様が悩まれていたことの原因に入れ歯の「見た目」があるからです。

私が患者様からお聞きする入れ歯に対する悩みで多いものの1つに、入れ歯を入れたものの、やはり「見た目」が気になってしまうことがあります。それによって話しづらくなってしまうことや人前で笑いにくくなることなど、入れ歯を使用することに対して抵抗を感じる方を多く見受けます。そしてこれらのお悩みの根本はやはり「見た目」にあるのではないでしょうか。


しかしノンクラスプデンチャーは見た目がとにかく自然であり、かつ軽くて柔らかいため装着感も普通の入れ歯と比較して違和感が少ないのです。だからこそ少しでも見た目をなんとかしたいという方にはこちらのノンクラスプデンチャーが最も良いと言うことができます。

当院ではこの最新のかぶせ物素材であるノンクラスプデンチャーを他の歯科医院さんの2/3~半分程度の価格の79,800円でご提供いたします(床―舌と接触する部分―を金属にする場合は別途料金をいただいております)。お付き合いの長い技工士さんに相談し、なるべく経費を減らして経営努力をすることでこの価格を実現しました。「見た目が気になる」「自然に見せたい」とお考えの患者様はぜひ当院へご相談ください。

やはり「見た目が綺麗で噛める入れ歯はノンクラスプデンチャー」。ノンクラスプデンチャーについてのご相談は下記までお願いします。

Copyright © 2014-2020 クリハシ歯科医院 All rights reserved.